HOME > 2018年

今年もスタジオ一同新しい創造を目指します。          ぜひご来場・ご批評下さいませ。

2018年8月10日(金)                    山田奈々子モダンダンススタジオ舞踊発表会Vol.42

スタジオ総出演 夏のイヴェント   於:かめあり・リリオホール開場18:00 開演18:30
 特別出演 折原美樹(マーサ・グラハム舞踊団)山田奈々子に師事。現在ニューヨークにて活躍中。                               反響         とても素敵な会、冒頭のご挨拶感動致しました。先生のいつまでも変わらぬ美しさに息をのみました。発表会ですが、昨年も出演されていた生徒さん達の成長や変化が感じられ、楽しく安心して拝見することが出来ました。特に児童部の生徒さんの成長ぶり、今年初舞台を踏んだお子さんの来年の姿が楽しみです。   ニューヨークの折原美樹さんの踊りを亀有で拝見できるとは!夢にも思っておりませんでした。折原さんのような世界的な舞踊家を育てられて、改めて山田先生の指導者としても一流だと心より感じます。会の最後、先生の踊り大変感慨深く心に焼き付きました。山田真二さんの「マイウェイ」は初めてお聴きしましたが思わず涙が浮かんでまいりました。ここ十年で多くの方々が亡くなりましたが、ただ悲しむ追悼ではなく、歩いた道を称える、これがまさに山田奈々子流とでも申しましょうかとても格好良かったです。   小針侑紀                   今年の発表会は濃い内容で印象深いものでした。 塩島千典                       フィナーレの「MY WAY」に涙しました     横山悠子                       舞台よかったですよ  今野玄三   いつも素晴らしい舞台有難うございます。長く続けている方達の踊りでは継続は力なりと痛感しました。「午前零時」はドラマチックではかなげで素晴らしかったです。  齋藤裕子    公演よかったです。クラシックと違い各個人の思いを伝える、表現するという意味ではフリーバレエといったら良いのではないかと思いました。モダンダンスを観に来られる人がもっと増えると良いのにと思います。折原美樹さんは指先まで神経が伝わって素晴らしかったです。  山田広二          発表会とても楽しく拝見しました。皆さんとても素敵な踊りで堪能しました。「帰幽」懐かしく拝見しました。真二さんが亡くなられて10年余りたつのですね。初演の時は悲しみと喪失感溢れる舞台でしたが、今回は想い出を語るように楽しく踊っていらっしたように見受けました。「小さな恋人」は本当に母親の愛情溢れる、それでいて少し不安も交えた踊りでした。麟太郎くん一生懸命踊っていました、それを見守るママの目がとても素敵でした。「ガゼル」野生の生き物の伸びやかさ生きる喜びに溢れていました。皆さん踊る中で見せる一瞬の笑顔がとても素敵でした。本当に踊ることが好きなんですね。    小澤純一

2018年1月9日 新人シリーズ

イトカズナナエ作品「Babel」 於:D倉庫

2018年3月16日(金) ザ・ネリマ現代舞踊展 Vol.30         山田奈々子作品「ウソツキ」

出演 山田奈々子 根尾櫻子 石丸麻子 渡部里菜 須藤安純 小田原裕
      於:練馬文化センター つつじホール 開演18:45

反響                 ネリマ舞踊展拝見させていただきました。満員の客席本当に素晴らしく皆様大変満足して帰途につかれたご様子でございました。先生の無駄を省いたスマートな振付、ユーモアのセンスは他の追随を許さないものと確信致しました。踊りの良さもさることながら、山田奈々子先生が登場するとパッと花が開いた様なオーラが舞台をつつみ、その存在感に圧倒されました。これからもいつまでも先生の踊る姿を拝見し続けていきたいです。生徒さんの成長、先生の活躍をお祈りします。小針侑紀様(舞踊史研究家)          舞台拝見させて頂きました。素晴らしかったです。感動しました。E.F 様                                                    素敵な舞台ありがとうございます。(タイムリーな!)Y.S 様

「ウソツキ」見させて頂きました。ファインダーを通しては感じられない感動がありました。<中略> 可愛いいウソならまあ許せますが官僚や政治家・企業・老人を騙す詐欺は許せません。現在、巧妙な酷い嘘が多くなっているように思われます。ラストシーンの混沌はそんな表現でしょうか。混乱している皆の前を通り過ぎて離れた所で舌を出している人がいる。そんな解釈をしましたがー。 小澤純一様 (写真家)

   ベテランが意欲と存在感を見せる 第30回で終幕のザ・ネリマ現代舞踊展                              石川須妹子、藤里照子が中心になって1986に旗揚げした。現代舞踊こぶしの会「ザ・ネリマ現代舞踊展」多くの参加者を集めて定期的に開催してきた。しかしこの度、第30回をもって終幕となった。今回は、参加回数の多いベテランが衰えぬ意欲と存在感をみせた。 <中略> 山田奈々子は「ウソツキ」。黒衣の群舞のなか、一人銀髪。軽快なモーツアルトで、明るく、気ままに、いたずらっぽく戯れる。パワー前回だ。  <後略> オン・ステージ舞踊評 うらわまこと氏より抜粋           

2018年4月7日(土) シアター21フェス

渡部里菜 作品ー札束狂奏曲ー                                            出演 石丸麻子 須藤安純 渡部里菜
於:セッションハウス 開演16:00/19:00

2018年6月5日(火)於 如水会館              東京新聞主催 全国舞踊コンクール創作舞踊部門第一位入賞作品に 山田五郎賞授与